TANGO's blog

synclメッセージ

カレンダー

なう

散財に次ぐ散財 負の連鎖
17分前

サイバーマンデーのうちに買っとかなきゃ
1時間前

すごいな小平選手、ホントにすごい
8時間前

RT @sobsin: 【BOWIE 01】 『ボウイ―その生と死に』サイモン・クリッチリー/田中純 訳 フランスの哲学者クリッチリーによるデヴィッド・ボウイ。田中純さん(!)の訳でいよいよクリスマスに日本版が出ます! ただいま印刷中。……アマゾン、はやっ!  https:/…
12時間前

フル金色ww
18時間前

プロフィール

プロフ画像は 犬ですが、

動物占いは おおかみです。



詳細 >>

BLOGカテゴリ&サーチ

最新エントリ
最新コメント
カテゴリ一覧

サイト内キーワード検索

プレイヤー

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

コミュニティ一覧

参加しているコミュニティがありません。 コミュニティを探す

牛すき焼きを作ってみました。今回は割り下を買ってきて、その割り下ですき焼きを作ってみたのですけれども、どうも僕はこの割り下というものと相性が良くないみたいです。どれだけ美味しそうな割り下を買ってきても、期待通りに美味しかった試しが無いような気がします。ということは今回もそれほどびっくりするほどの美味しさではなかったということです。まぁでも、それなりに美味しかったですし、ご飯も進んだのですけれども。

少量の薄切り牛肉を買ってきて、すき焼きにしました。その他の食材は春菊、糸こんにゃく、長ネギ、タケノコです。今回は市販の割り下を使ってみました。まず春菊はさっと水で洗ってから適当にざく切りにします。糸こんにゃくはさっと湯通ししてから水を切り、これまた適当に刻んでおきました。長ネギは20センチくらいを斜め切りにしておきました。タケノコは買ってきた状態(スライスされてパック詰めされた状態でした)そのままで、水だけ切っておきました。まず、フライパンを温める前にフライパンに牛薄切り肉を敷き詰めておきました(薄切り肉を広げながらフライパンに並べていると、どんどん火が入ってしまって、最初に入れた牛肉と最後に入れた牛肉の火の通り方が全く違ってしまうので、出来るだけ火の通り方にムラが出ないように今回は先に広げて並べてから火にかけることにしました)。牛肉を広げてフライパンの上に敷き詰めてからコンロの火を着けます。牛薄切り肉の上に砂糖をまぶし、中火くらいで加熱しながら、砂糖が溶けるのを待ちます。砂糖が溶けたところで牛肉と絡めながら炒め、割り下を加えました(別に最初の砂糖を加えるところは必要なかったのですけれども、砂糖を焼いた香りが少し欲しかったのと、いつも作っているやり方でないとどうも落ち着かなくて、つい最初に牛肉の上に砂糖をまぶしてしまいました)。いつも割り下を使わないもので、割り下の量がどうもよく分かりませんでした。どれくらい入れればいいのか分からないままに加えていたら、300ccほどのボトルの2/3分以上の割り下を加えてしまっていました(てことは200ccちょっとくらい? 1カップちょっとでしょうか、ってことはそんなに多くもなかったのかな? 食べ終えた時に残った煮汁はもっと多く見えたのですが)。とりあえず割り下を加えたら、さらに春菊、タケノコ、糸こんにゃく(これは肉から離して加えました)、長ネギを加えてフタをして、時々、箸で具材の上下をひっくり返したりしながらしばらく煮ました。春菊がしんなりして嵩が減ってきて、糸こんにゃくやタケノコに割り下がしみてきたところで火を止めました。すき焼きを皿に移したら、生卵を小鉢に割り入れて溶きほぐし、これにすき焼きをつけて、ご飯と一緒に食べました。美味しいことは美味しかったのですけれども、なぜでしょうか? なんだかよく分からない化学的な味がほんの少しだけしました。考えられるのは割り下なのですが、にしてもなぜそんな化学的な味がするのかがよく分かりませんでした(原材料を見ても特に妙なものは入ってい無さそうだったのですけれども)。やはり砂糖を加えたのが間違いだったのでしょうか? それとも煮込みすぎたのかな? あるいは割り下の量が多すぎたのか。いずれにしても割り下自体の味がはっきりせず、もっと甘いかもっと塩っぱいかどっちかにしてと言いたくなるような中途半端な味でした。やっぱり割り下は自分には向いていない気がします。どうも使い方がよく分かりません。というか何で割り下なんて必要なんでしょうね? 砂糖と醤油と酒があれば誰にでも簡単に出来るのに。割り下って自分で調整しにくいのも困りものですね。後から味を足そうとしても大抵は味のバランスが崩れてしまいます(今回は砂糖を先に加えたのですが、そのせいで同じく味のバランスが崩れてしまったのかもしれません)。次回からは出来るだけ割り下をつかうのはやめようと思います。


2017-12-11 12:11:11投稿者 : タンゴ
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

昨晩は忘年会を兼ねた同窓会でした。場所は友人の店だったのですが、出て来る料理がどれもおいしくて、酒もおいしくて、大満足の一夜でした。料理はどれも少量ずつで、二口三口で食べ終えてしまうくらいの量で出てきたのですが、宴会が終わる頃にはすっかりお腹が一杯になってしまっていました。中華料理を基本にした創作料理だろうと思うのですが、どの料理もとても優しい味付けで、どれもとてもおいしかったです。

昨晩は同窓会を兼ねた忘年会で(ん?逆かな? 忘年会を兼ねた同窓会? まぁどっちでもいいのですが)、小じんまりした友人の店で食事をしました。少量ずつ(ほとんどが小鉢サイズの器に入った状態で)供される料理のどれもがおいしくて、最初は一つ一つの料理名と内容を聞いていたのですけれども、だんだんとお酒が回るに連れて、よく分からなくなってきてしまい、前半に出された料理の半分以上(前菜などは特に一つの皿に少しずつ沢山の種類が盛られていたので)はその素材や料理名を忘れてしまい、さらにその後に出された料理についても食べていても何なのかハッキリとはよく分からず、結局おいしいという記憶だけが残っています。中華料理を基本にした創作料理でした。最後の方で出された水餃子(中の具材には白身魚や野菜など意外な物が組み合わされて入っていたのですが、それらの組み合わせがよく合っていてとても美味しかったです)やから揚げ(鶏もも肉のから揚げでした。揚げてから食べやすいサイズにスライスしてあり、揚げた衣のサクサク感と肉のしっとりとした食感がとてもおいしかったです)、刺し身(白身魚の刺し身に辛子醤油っぽいタレがかかっていて、これがとてもおいしくて、一緒に野菜?のようなものが添えてありました。この野菜のようなものは少し苦味があって、少し肉厚でした)、あるいはあんかけ炒飯などの普通の料理もおいしくて、しかもどれもとても優しい味で大変満足できました。お酒もおいしかったです。一杯目はビールにしたのですけれども、二杯目からは日本酒にして、それほど量はたくさん飲まなかったのですけれども、気持ちよくなるまでちょうどよい量だけ飲めました(一番良い飲み方ですね)。昨晩はあまり深酒はせずに、早めにお開きとなりました。自宅からは少し遠い場所だったのと、やらなければならないことがあって出るのが遅れて、結局一時間ほども出遅れてしまったので、実際に店にいた時間は二時間ほどでしたけれども、大変充実した二時間でした。少量ずつだったせいか、かなりお腹も一杯になりました。不思議です。いつもなら10分くらいで一気にガツガツ一合とか一合半のご飯を食べてようやく満腹感を感じられるようにになるのに、昨晩は本当に少量ずつ1時間半ほどかけてゆっくり食べていたらいつの間にかお腹がいっぱいになっていました。昨晩食べたご飯の量って実際のところはどのくらいだったのかな? 出て来る料理はどれも少量でも、案外たくさん食べていたのかもしれませんね。


2017-12-10 12:10:10投稿者 : タンゴ
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

またお粥にしました。今回はレトルトではありません。ちゃんと家で自分で作ったお粥です。まず初めの一杯は白粥、二杯目は溶き玉子を流し入れて玉子粥にしました。塩加減もちょうどよく、どちらもおいしかったです。白粥にはたくあんとゆで卵1個を、玉子粥の方には塩えんどう豆やポテトチップス(のり塩)を足して食べてみたのですが、どれもなかなかおいしかったです。ことに塩えんどう豆やポテチが意外にもよくあっていました。

またお粥にしました。今回はレトルトではなく、自分で米から炊いたお粥です。少し多めに炊いて、最初は白粥、二杯目は玉子粥にして食べました。具材はほとんどなくて、一杯目はゆで卵とたくあんで、二杯目の玉子粥のときには、塩えんどう豆(炒って塩で味付けしたえんどう豆)やらポテトチップス(のり塩)やらをちょこちょこと加えながら食べました。まず鍋に2リットル弱の水と軽く研いだ米一合半を入れて火にかけます。最初は沸騰するまで強火で、沸いたところで少し火力を落として中火から中火強くらいで噴きこぼれないように見ながら、さらにお玉で米が鍋の底にくっつかないように時々混ぜながら煮続けます。途中、顆粒の昆布だしの素(一包=だし約700cc分)と酒少量と塩を加え、煮汁にとろみが付くまで煮ます(塩は味をみながら少しずつ加えました)。途中で水が減ってきたら、その都度、水を足します(米に対してお湯の量は常に十分に多めにしておきます)。米が水分を含んでふっくらと膨らんでやわらかくなり、煮汁にとろみがついてきたところで、火を止めます。小さめの丼の底に、殻を剥いたゆで卵を一つ入れ、その上から出来たて熱々の白粥を注いだら、上にぶつ切りのたくあんをたっぷりのせてお粥の一杯目は出来上がりです。塩加減もちょうどよく、当然変なレトルト臭もありませんし、おいしくて、量もたっぷりあって、お粥なのになぜか妙に満足してしまいました。いっぱい目を食べ終えてから、お粥の残っている鍋に少し水を加えてから再び火にかけて、お玉で混ぜながら温め直しました。途中、卵2個を丼に割り入れて溶きほぐしておきます。十分にお粥が熱くなったところで、溶いた卵を流し入れ、ほんの数十秒煮てから火を止めます。熱々のうちに丼によそい、食べている合間合間に、塩えんどう豆を少し散らしたり、砕いたのり塩のポテトチップスを少し散らしたりしながら食べました。どちらも(塩えんどう豆もポテトチップスも)なかなかイケますね。要は塩気が少しあって、あとはなにかしら噛みごたえのあるものが入っていれば良いということなのかもしれません。小さめの丼とはいえ、たっぷり二杯も食べたのでお腹は一杯になりました(一時的かもしれませんけれども)。まだもう少しだけ残っているのですが、これを夜中に夜食代わりに食べてしまおうかどうしようか、今悩んでいるところです。少し中華だしの素を加えて、さらにごま油と乾燥わけぎも足して中華粥にして食べてみようかな。


2017-12-09 12:09:09投稿者 : タンゴ
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

スペシャル・ピックアップ

携帯アクセサリー(チャングンソク2種)
メリは外泊中
¥1,890(税込)
ポストカードセット
トキメキ☆成均館
¥1,260(税込)
クリアファイルセット2
BEAST
¥2,520(税込)
ポラロイドハガキセット(写真10枚+紐付きクリップ)
メリは外泊中
¥1,575(税込)
扇子
トキメキ☆成均館スキャンダル
¥2,100(税込)
カードセット Vol.2
KARA
¥3,150(税込)
クリアファイルセットB
トキメキ☆成均館スキャンダル
¥1,260(税込)
フォトノート(チャングンソク 小)
メリは外泊中
¥1,680(税込)