TANGO's blog

synclメッセージ

カレンダー

なう

雨天中止かよ…
9時間前

RT @qusumi: ちょっと早いですが、新刊「線路つまみ食い散歩」の発売記念トーク&サイン会のお知らせをしておきます。6月17日(日)吉祥寺パルコブックセンターで15時から。参加費無料。https://t.co/2qKMLAcpFI
9時間前

すげぇなフリーバッティングとはいえ最上段か
19時間前

RT @qusumi: 今月の「途中飯」は、「土鍋料理専門店」って、なんじゃそりゃ?という店に行って来ました。 https://t.co/Uv7jQvQ8ao
1日前

ニンジンのナムル?サラダ? おいしそう てかトリちゃんいつも写真きれいだな
1日前

プロフィール

プロフ画像は 犬ですが、

動物占いは おおかみです。



詳細 >>

BLOGカテゴリ&サーチ

最新エントリ
最新コメント
カテゴリ一覧

サイト内キーワード検索

プレイヤー

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

コミュニティ一覧

参加しているコミュニティがありません。 コミュニティを探す
3784件中   1 - 3 件表示 ( 全 1262ページ )  ページを表示
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

レトルトのカレーを使った豚バラカレーでした。豚バラ肉に塩コショウとカレー粉をまぶして焼いて、レトルトカレーに混ぜただけなのですけれども、なかなか美味しく出来て満足できました。肉を足すとボリウム感というか食べごたえが出て満足感が高まりますね〜。おいしかったです。

昨晩は豚バラカレーでした。といってもやっぱり今回のカレーもレトルト(咖屋カレーの辛口)で、豚バラはフライパンで焼いたものを後から加えただけでした。レトルトのカレーでも肉らしい肉が入っているとそれだけで俄然満足感が高まります。豚バラ肉は150gほど、カナダ産の肉だったのですけれども、5ミリ厚くらいの比較的厚めで、67センチ長さに切り分けられていました。他にはミックスベジタブルとフライドオニオンも加えました。まずはお湯を沸かしてレトルトパウチを温めます。カレーを温めている間に、ミックスベジタブルと豚バラ肉を炒めました。フライパンを熱し、ミックスベジタブルを加えて炒めます。オリーブオイルをほんの少量加えたら、少しミックスベジタブルを避けて、豚バラ肉を加えます。塩コショウ、カレー粉(これはSBのカレー粉をつかいました)をまぶして、豚バラ肉の片面にしっかりとした焼き色がつくまで焼きます。片面に焼き色がついたら、裏返して反対の面も軽く焼きます。ご飯をよそい、ご飯の上に焼いた豚バラ肉とミックスベジタブルをのせます。さらにその上からフライドオニオンをまぶして、レトルトカレーが温まるのを待ちます。しっかりと5分ほど温めたところで火を止めて、レトルトパウチの封を切ってご飯の上にカレーをかけました。仕上げに粗挽きの黒胡椒を振って出来上がりです。150g程度とはいえ、しっかりとした肉が入っていると食べごたえがあります。豚肉にまぶしたカレー粉の風味がレトルトカレーの味を補って、さらに美味しくなっていました。ミックスベジタブルも無いよりはあった方が断然良いですね。ご飯は今回は冷ご飯でしたが、カレーって冷ご飯でも温かいご飯でもどちらでも美味しいです。店でも冷ご飯と温かいご飯両方用意して、客がどっちか選べるようにしてくれたら良いのに、と思うことすらあります(夏場などは熱々のご飯に熱々のカレーだと熱すぎるような気がしますし、それに急いでいるなどには熱すぎて急ぎで食べられないこともありますし。近頃ではご飯が温かくカレーだけが冷たい冷やしカレーというものもあるようですけれども、それもなんだか馴染みがなくてイマイチ食欲がわかないのです。逆はないんでしょうかね? 冷ご飯に温かいカレー。家で出来るから店じゃわざわざ売らないのかな?)。なんにしても、今回のレトルトカレーは美味しく食べられました。


2018-05-23 05:23:23投稿者 : タンゴ
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

昨晩は塩ダレと納豆キムチを混ぜて丼によそったご飯の上にぶっかけて食べました。名前をつけるとすれば塩ダレ納豆キムチ丼ですかね。納豆と塩ダレの相性がどうなのか、少し不安でしたが、食べてみると思っていたほどの違和感はなく、むしろとても美味しかったです。塩ダレ、応用できる範囲が広そうでいいですね。

昨晩は塩ダレ味の納豆キムチ丼でした。キムチや青ネギ、塩ダレなどを混ぜた納豆を丼によそった白ご飯の上にぶっかけただけの簡単なものでしたが、味は美味しかったです。納豆は2パック、キムチは小分けのパックを一つ、その他には焼肉用の塩ダレ、納豆の薬味(乾燥ネギやゴマ、海苔などが入っている納豆用の薬味です)、小口切りにした青ネギ、醤油に白ご飯という材料でした。まずは納豆2パックを器に入れます。そこに納豆に付いているタレと辛子一つずつを加えます。さらに塩ダレ(スプーン12杯かな?)、小口切りにした青ネギ(たっぷり)、キムチ(1パック)、納豆の薬味を加えたら、しっかりと混ぜます。醤油を少し垂らしてもう一度混ぜます。炊きたてのご飯を丼によそい、その上にキムチなどを混ぜた納豆をかけます。正直、見た目はあまり良くありませんでしたが、美味しくできました。納豆に塩ダレというのが、果たして合うのかどうか、分からなかったので多少不安だったのですけれども、違和感のない味でした。この塩ダレは小口切りのネギと混ぜてネギ塩ダレ(豆腐や肉にかけて食べるつもりでした)にしようと思って買ってきたのですが、もっと他のものにもいろいろ合うのかもしれませんね(使い道をいろいろ考えるのもおもしろそうです。野菜に絡めてもおいしいでしょうし。魚とかキノコとかはどうなのかな。刺し身に塩ダレってなんとなく合いそうな気がするのですけれども、どうなのでしょうね。マグロの赤身をマヨネーズで食べたりもしますし、酸味と油と刺し身って合うんじゃないかな。カルパッチョのソースも塩ダレに近いものですよね。とすれば塩ダレにネギや細かく刻んだにんにくや生姜などを混ぜて刺し身にかければ、かなり美味しくなるような気がします)。塩ダレを作るのはそれほど難しくもなさそうですし、次は自分で作ってみようかな。とんかつなんかにはどうなのでしょうね。とんかつと塩ダレ、合いそうな合わなそうな。でも、店によってはとんかつを塩で食べさせる店もありますし、塩ダレで食べるというのもそれほど悪くはないのかもしれませんね。塩ダレってもしかすると、和食と洋食、あるいは中華のちょうど間くらいに位置する調味料なのかもしれません。少し何か(にんにくとか香草とかアクセントになるもの)を加えれば、和洋中それぞれどの料理にも合いそうですよね。これからは冷蔵庫に塩ダレ常備しておこうかな。


2018-05-22 05:22:22投稿者 : タンゴ
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

昨日はとても久しぶりに麻婆豆腐を食べました。以前は自分で家でよく作っていたのですけれども、ここ最近はめったに作ることがなくなってしまって、そろそろ麻婆豆腐が食べたいなーなんて思っていたりしたのです。昨日は中華料理屋で麻婆豆腐定食を食べたのですが、辛味も程よく、おいしくて、量もちょうどよく、価格もそれほど高くなく、ちょうどええ感じの麻婆豆腐定食でした。

昨日はかなり久しぶりに麻婆豆腐定食を食べました。以前は家で自分でつくって食べていたのですけれども、なぜかこのところさっぱり作らなくなってしまって、中華料理屋の前を通るたびに麻婆豆腐のイメージが脳内に浮かんでは消えるという症状がずっと続いていたのです。昨日は仕事先で昼時たまたま中華料理屋に入ったので、ここで食べなければこの先また何ヶ月か麻婆豆腐が食べられなくなってしまうような焦燥感にかられて、勢いで麻婆豆腐定食を頼んだのでした。出てきた待つこと数分(結構早く出てきました)麻婆豆腐定食は、見た目からそうな赤い麻婆豆腐に白ご飯、スープには卵と細切りの野菜が少し入っていて、箸休めのキムチと、デザートには杏仁豆腐が添えてありました。一瞬、麻婆豆腐と杏仁豆腐で、豆腐に豆腐かよっ、なんて思ってしまいました(名前が豆腐というだけでまったく別物すよね。そのことに気がつくまでに数分かかったということは体だけでなくずいぶんと脳みそも疲れていたに違いありません)。まず麻婆豆腐をひとくち食べてみると、水溶き片栗粉でのトロミの付け方に多少のいい加減さはあるものの(ダマになって固まっているところと、サラサラの状態のところがあって、ある意味家庭的な麻婆豆腐だと言えるかもしれません)、味はとても美味しかったです。辛味は辛すぎるということもなく、かといって足りないわけでもなく、ほどよい優しい辛味でした。白ご飯は若干かため(というか保温して少し時間が経って水分が飛んだ感じ)でした。お替わり自由ということだったので、最初はお替わりする気満々でいたのですけれども、食べ進めるバランスを間違えて、いつの間にか麻婆豆腐ばかり食べ進めてしまい、結局お替わりはせずに食べ終えてしまいました。中華料理屋でキムチというのも珍しいなと思うのですが、ま、そういう店もあるのでしょうか。もしかすると韓国系の方がやってる中華料理屋だったのかもしれません(でも店員さんが話していた言葉はたしか中国語だったと思うのですけれども)。ほどよい辛味の麻婆豆腐を食べ終えて、最後にデザートの杏仁豆腐を食べて、少しホッとしました。辛味の後の甘みで口の中が中和され、リセットされました。麻婆豆腐も美味しかったですし、都心であるにもかかわらず価格がそれほど高くもなく、ご飯もお替わり自由ですから、なかなかいい店でした。近所にあったら週一か週二くらいで通ってるかもしれませんね。そういえば、先日買ってきて冷凍してある挽き肉、麻婆豆腐にしようかな。豆板醤と甜麺醤があるかどうかが問題ですけれども。


2018-05-21 05:21:21投稿者 : タンゴ
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
3784件中   1 - 3 件表示 ( 全 1262ページ )  ページを表示
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...